寿司・酢飯屋

〈新潟県〉佐渡ツアー「おすしやさんがいらっしゃる!佐渡のお魚が食べものになるまで」

20220721093244.png

「おすしやさんがいらっしゃる!佐渡のお魚が食べものになるまで」
~酢飯屋 岡田大介と一緒に魚を釣ってお寿司を握ろう~

佐渡観光交流機構さん主催で
佐渡の海の資源の豊かさと、いのちの大切さを学ぶ親子向けの宿泊つきのツアーを企画いたしました。
写真絵本「おすしやさんにいらっしゃい!生きものが食べものになるまで」の世界を佐渡島で再現。
赤泊(あかどまり)地区で、漁師さんと一緒に船に乗って魚釣り、
釣れた魚を岡田と一緒にお寿司にしていただく。
佐渡の海の生きものがお寿司になるまでの過程を、楽しみながら学べる
今回は、島外の親子連れのお客様向けの2泊3日のツアーとなりました。

【日時】2022年8月27日(土)~8月29日(月)の2泊3日

【お問合せ】(一社)佐渡観光交流機構(TEL:0259-58-7285)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以下、当日の様子です。

PXL_20220724_034633826.jpg
新潟港 佐渡汽船から始まる佐渡の旅

DSC_7802.jpg

PXL_20220826_080751543.jpg
お客様がいらっしゃる前に、ツアー中のお魚料理の準備を整えるため佐渡に前入りしました。
ツアーのメインでもある魚。
万が一、みんなで釣りに出られなかったり、
万が一、釣れなかったりということを考えて
保険として、漁師さんたちに佐渡の魚をあらかじめ確保していただいておりました。
佐渡漁協赤泊支所にご挨拶にうかがうと、たくさんのお魚がずらり。

PXL_20220827_021914720.jpg
マダイ
(左上の一匹だけチダイが混ざってますね。)

PXL_20220827_021924876.PORTRAIT.jpg
チダイ

PXL_20220826_233255812.PORTRAIT.jpg
メダイ

PXL_20220826_235349365.PORTRAIT.jpg
アラ

PXL_20220826_231444892.PORTRAIT.jpg
ムシガレイ

PXL_20220826_233050933.PORTRAIT.jpg
ムシガレイの口から飛び出してきたのが、こちらのカワイイえび。
チュウコシオリエビ属の一種ですかね。
手、足、髭などしっかりと広げて撮影すればよかった。。

PXL_20220827_014035122.jpg
マハタ

PXL_20220827_015000758.jpg
キツネメバル

PXL_20220827_001109516.PORTRAIT.jpg
カナガシラ

PXL_20220827_001207017.PORTRAIT.jpg
カナガシラに一匹混ざっていたのがオニカナガシラ
カナガシラの特徴を持ちつつ、胸ビレは赤ではないんです。

PXL_20220827_005831420.jpg
ヤナギノマイ(佐渡ではキバチメと呼ばれていました。)

PXL_20220826_231111402.PORTRAIT.jpg
エッチュウバイ(通称:白バイ貝)

PXL_20220826_080745673.jpg
ホッコクアカエビ(佐渡では南蛮海老と呼ばれていたりします。世間的には甘エビといわれているあのエビです。)
水揚げしたばかりだと、皮が剥きづらいからと
ツアーの日を逆算して、エビ漁師さんが獲ってきてくださったそうです!

PXL_20220827_042255222~2.jpg
軽トラをお借りして魚以外の食材買い出しへ

PXL_20220827_042344755.jpg
佐渡の夏らしい景色。
ちょっとしたドライブで、田んぼ道を走るだけで最高に気持ちいいです。

PXL_20220827_043938389.jpg
佐渡の島内にあるスーパーマーケット「marui(マルイ)」

PXL_20220826_232257338.PORTRAIT.jpg
本番当日の朝、ひたすら魚を捌いていると、扉をトントンと叩く音、
『少しですが、キジハタ釣ってきましたー!』と石塚さん^^。
えええええええええええええええええええええええええ!!!

PXL_20220827_010641126.jpg
ぜんぜん少しじゃなーーーい!!^^;

PXL_20220827_021736515.jpg
殺菌冷海水使用 佐渡漁協 赤泊支所のフィルムがかけられています。
これがあるだけで、魚の乾燥も防げます。

PXL_20220827_021838991.jpg
このマダイ

PXL_20220826_093224821.jpg
僕が昨日、信田船長と「マツオカ丸Ⅱ」にて釣ってきたものです!^^!
https://www.sumeshiya.com/blog/2021/09/post-6646.html

PXL_20220827_003657297.jpg
そして、しばらくするとまた、トントントン。
『ブリ1本持ってきたぞー。』
ええええええええええええええええええええええ!!
しかもこの個体、ブリhttps://www.sumeshiya.com/blog/2015/06/20155.htmlの自然ハイブリッド、ブリヒラじゃないですか。

こだわり

自分達が使う食材や道具などは、可能な限り現地に足を運び、
五感で確かめる。自分達で作れるものは作る、獲れるものは獲りに行く。
『本質』の定義は『原点』だと考えております。