ブログ

【家族旅行】今回のテーマは熊本県天草で『車海老(クルマエビ)』

[寿司料理海の生き物釣り・Fishing食遊び]

202010090280.jpg
2020.10
熊本県 上天草市 維和島(いわじま)

明治時代に、日本で初めて
天然の車海老(くるまえび)の畜養という形での養殖を手掛けたのが、
【山哲水産】さんです。

20201009_161818.jpg
野牛島と維和島を結ぶ 『東大維橋(ひがしおおいはし)』を渡って、到着。
運転だったので撮影できませんでしたが、橋の上からの景色も絶景でした。

20201009_115008.jpg
今回は特別に
あのミニボートで池に出て、クルマエビの水揚げを間近で見せていただけることになりました。

image01.jpg
山哲水産さんはこのような養殖場を5ヶ所、
種苗育成用に1ヶ所を有しており、質の高い種苗を自ら生み出し育成しています。
養殖場も給排水が不要な自然換水システムになっているので、
筋肉質で甘みのある、車海老を生産することができるんです。

20201009_115016.jpg
池のすぐ横は海なので、
エビの天敵であるイカ、タコ、肉食魚などが池に入り込み
エビを食べまくってしまうこともあるそうです。

20201009_115137.jpg
今回、お世話になったのは、

image02.jpg
山哲水産の5代目。
山崎光祐(やまざきこうすけ)さん 33歳(2020年現在)

20201009_115149.jpg
アミューズメントパークのワクワク感をあっさりと超えるドキドキ感。

20201009_115157.jpg
家族みんなで乗り込み、

20201009_115214.jpg
いざ出発!!

202010090264.jpg
さいこー!

202010090265.jpg

20201009_115328.jpg
水や酸素を循環させるための水車。

20201009_115426.jpg
出発して30秒で、漁場に到着ーーー!!^^
早速仕掛けのカゴを引き上げるとー、

20201009_115541_1.jpg
いましたー! クルマエビ!

20201009_115740.jpg

image03.jpg
生き物って、本当に美しい。

202010093235.jpg
水生生物が水から出た時の美しさはまた格別です。

20201009_115805.jpg
まさにピチピチ!!

202010090267.jpg

20201009_115903.jpg
カゴに入っていたクルマエビを急いで地上に運び、水に移さなければ。

20201009_120036.jpg
んんん?
この水槽。というか桶みたいなのに入れるんですか???

20201009_120044.jpg
あ!
子供達が観察したり、触ったりしやすいようにと
ここに入れてくださったんですね!

20201009_120100.jpg
きれーい!
かわいい!!

大喜びする子供達。

20201009_120541.jpg
はい。僕もずっと見ていられます。

20201009_120611.jpg
活きている車海老を見るのは、子供たちも初めてかな。
この美しさを忘れないように、
忘れてもこのブログを見て思い出してもらえるように記録記録。

20201009_121439.jpg
通常は、水揚げしたクルマエビは、
このような生け簀(いけす)に移されて

20201009_121441.jpg
静かに落ち着かせます。

image05.jpg

20201009_121456.jpg
これだけ密集していても暴れないなんて、
クルマエビさんたち、もしや寂しがり屋だな?

202010093239.jpg
クルマエビのエサに使用しているのは
『車海老育成用 シグマ P-2』という魚介類がメイン素材となったエサです。

00100trPORTRAIT_00100_BURST20201009121716294_COVER.jpg
天然の車海老が希少になった現在、
天然の車海老の赤ちゃんをこのように畜養することで、
本来高級で、味の美味しい車海老を適正価格でいただけることに感謝です。

heroImage.jpg

202010090275.jpg
クルマエビの寿命は約1年、
脱皮は満月の時にすることが多い、
水槽だと12〜14℃の水温が良いが、池の水温は20℃前後が良い、
冷た過ぎても死んでしまう、
クルマエビの産卵は3月〜9月などなど
質問には、なんでも答えてくださいました。

202010090273.jpg
で、
さっきの桶、

20201009_123603.jpg
なんと!
クルマエビ釣り体験のためのサプライズでした!!
山崎さん、本当にありがとうございます!!

20201009_123644.jpg
これは、大人もやりたい!!!


20201009_123647.jpg
しかし、残念ながら水揚げされ、桶に移され、
このビックリ環境下におかれたクルマエビにとって、
積極的に喰いついてくれるクルマエビがいるわけもなく、

20201009120354032.jpg
口元にエサを少しでも寄せたエビを針で引っかけるような釣り方で
何匹かGET。
引く力は強いので面白いです。
山崎さんは、それもわかっていての、このおもてなしに感激いたしました!

20201009120836316.jpg
【活きたクルマエビの持ち方】
クルマエビは、ここを持つと安全です。

20201009120837977.jpg
頭と胴体の接続部分辺りですね。

20201009120841725.jpg
尻尾の先端がこんなに尖っていて、
腰を丸める筋肉が発達しているので、
ピシっと丸まった時にこのトゲに刺されないように持たないと危険です。
直線的にしか筋肉を動かせないので、上記の持ち方をすれば、
トゲ攻撃をくらわずにすみます。

20201009120845593.jpg
この模様がクルマエビの特徴です。
透明感も美しいですね。

00100lrPORTRAIT_00100_BURST20201117173656282_COVER.jpg
クルマエビの名前の由来は、
丸まった時に、車のタイヤに似ているから。て。
それなら、バイクエビや自転車エビもありえたな。。

20201009120848017.jpg
クルマエビにはザリガニのような大きなハサミはなく
小さいハサミがたくさんあります。

20201009120901565.jpg
ヘルメットと呼ばれるこのパーツについている角の部分。
兜(カブト)みたいでカッコいいですよね。

20201009120907786.jpg
尾ビレが4枚。
扇型に開いてこれまた美しいパーツです。

20201009120949411.jpg
これで水をかくようにして、腰を曲げながら瞬間的に移動できるわけです。

20201009120954402.jpg
ちなみに
海の老人と書いて『海老(エビ)』。
その由来は、ヒゲがあって、腰が曲がるところからきています。

20201009121015408.jpg
車海老は、整列する傾向にあります。

20201009121057601.jpg
頭の部分もずっと観察していたいほど面白い構造です。

20201009121059840.jpg
黒い目も宝石のようです。

20201009121103839.jpg
そこも縞々模様。

20201009121109259.jpg
秘密を教えちゃうと、
エビの急所は、この胸の奥あります。

20201009_123937.jpg
水揚げしてきたクルマエビは、全て氷で冷やし込み、
みんなで念願だった車海老パーティーをすることに!!

20201009_124929.jpg
会場はこちら。
地元の下山公民館をお借りさせていただきました。

20201009_130615.jpg
氷の冷たさで動きが鈍くなっているとはいえ、
鮮度抜群でギュンギュン、ビンビン動くクルマエビに
長男(小4)と妻で串を刺していきます。

20201009124023354.jpg

20201009_132812.jpg
まずまず上手に串打ち出来てます。

20201009_130629.jpg
次男(小2)は、綺麗なお姉さんとジャガイモの皮をむきむきしています。
このお姉さん、実は山崎さんの奥様、のりこさんです。
誰とでもすぐに仲良くなれるのを得意とする次男、さすがです。

20201009131031074.jpg
せっかくのクルマエビ、塩焼きするなら炭火にしようと、

20201009_131413.jpg
あらかじめ七輪を天草まで送っておきました。

20201009131102615.jpg
焼き上がりが楽しみだぁ。

202010093240.jpg

20201009_131713.jpg
クルマエビの頭落とし。

20201009131702600.jpg

20201009_132545.jpg
僕が料理長となり、各自に役割分担を的確に指示することで
皆が調理に楽しく集中し、準備がはかどりました。
これぞまさに『食遊び』!!

202010093242-2.jpg
焼けたそばから食べていく。
熱いけど、それが美味い!

20201009_132550.jpg
いい感じにクルマエビの炭火焼きが焼けてきました。

20201009_132837.jpg
エビの尻尾側から串を刺すのが山崎さん流(上)
胸から串を刺すのが岡田流(下)

1602625365469.jpg

20201009131823601.jpg
焼き立てを、いっただっきまーす!

20201009132156973.jpg

20201009133844770.jpg

1602625341140.jpg
どうも、車海老料理研究家の岡田大介です。^^

202010093243.jpg
注) 料理教室ではございません。
完全なるプライベートです。

20201009_135112.jpg
この場所。
普通に、いい感じの公民館です。

20201009_135148.jpg
ただ、どこにでもある公民館かと言えば、そうではありません。
入り口の戸を開けたら、目の前には海が広がっています。

20201009133007073.jpg
さきほど串打ちしたクルマエビを茹でていきます。

20201009133340921.jpg

20201009133643282.jpg
茹で上がりました。

20201009133517799.jpg
茹でたてのクルマエビも、いっただっきまーす!

20201009134541413.jpg
活クルマエビの殻むき

20201009134529203.jpg
クルマエビの背腸(セワタ)取り

20201009134859175.jpg
背腸(セワタ)は、その名の通り、背中にある腸なので、
消化されたエサやフンなどが入っているのでしっかりと取り除きます。

20201009134907590.jpg
【レモン汁を手につけると殻がむきやすくなる??】
ちょうどエビフライ用にレモン持ってきていたので、
もったいないですが、やってみると、あら剥きやすい。
酸の効果でしょうね。
スベらなくなります。

20201009140107324.jpg
エビの尻尾だけを茹でることで青紫色を朱色にします。

20201009140109390.jpg
ほら、この通り。

202010090312.jpg
生車海老を握りやすいように開いていきます。

1602625357820.jpg
寿司を握ることが楽しくて仕方がない岡田大介。

202010090308.jpg
酢飯は自宅で炊いたものを持参。
俺がいて、魚と酢飯があったら、そりゃお寿司握ってみんなで楽しみたいでしょ!

1602625336415.jpg
クルマエビの尻尾の綺麗さはやはり残すべき気がする。
お客様が食べやすいようにと、長年、尻尾は取り外してお寿司をお出ししておりましたが、
エビの尻尾の美しさは、やはりご覧いただいたほうが良いなと改めて思いました。

1602625345595.jpg
綺麗で美味しいクルマエビ。
人気者なわけです。

20201009140728931.jpg
生の車海老の握り寿司
尻尾の色の変化が綺麗です。

20201009140735722.jpg

20201009140748197.jpg

20201009140757582.jpg

20201009140659556.jpg
茹でた車海老の握り寿司

20201009141046858.jpg
夢のような、クルマエビ寿司パーティー。

202010090321.jpg
全ての料理を作って、並べてからいただきます!
も楽しいのですが、
今回のように、作りながら、出来た順に食べていくバーベキュースタイルも
やはり楽しいです。
そして何より出来立てが美味しいです!

20201009140907359.jpg

20201009_141231.jpg
握りたてのクルマエビの寿司を頬張ってくださったのりこさん。
『おいしーーーーーーー! 何この酢飯ーーー!!』
って、そっちかーい!!
ま、酢飯屋としては最高に嬉しい褒め言葉ですが。^^;

202010090326.jpg
エビフライを作る時の基本。
尻尾の中の水分を切り出す。
これをしないと油ものすごく跳ねますからね。
学べや学べ。

20201009_143359.jpg
そして、今回の旅の主目的である
『車海老のエビフライを車海老の生産現場で、自分たちで作って食べる!』

1602625318884.jpg
ここに実践中でございます!

1602625310033.jpg
目的を持った旅の良さは、その達成感にあります。
子供の記憶は残酷なもので、
成長のために新しいことを吸収しまくるためか、
親が思い出と思っていることを片っ端から忘れていきます。。。

202010090325.jpg
しかし、今回のように皆で目的を決めて、それを実現出来たことは
きっといつまでも忘れずに、良い記憶、経験として
心と体に刻まれていくと信じています。


202010090313.jpg
生物観察と調理実習が同時に出来る食遊び

202010090319.jpg
生きものが食べものになるまで。
そのことを決して忘れてはいけません。

20201009143624408.jpg
パン粉は僕にまかせろ。な次男

202010090333.jpg
エビフライ、揚げていきまーす。

20201009144210843.jpg
今回使用しているのはなたね油。

20201009145252587.jpg
夢のような、クルマエビフライパーティー

20201009145656466.jpg
エビの身の繊維をしっかり断っていないものは、
腰がクルッと丸まっているのがわかりますね。

20201009_150339.jpg
公民館のメインスペースを贅沢に使って
車海老パーティー。

20201009150442950.jpg
公民館パリピ。

20201009150449393.jpg
山崎さんご夫妻も岡田家と一緒になってこの時間を全力で楽しんでくださり
本当に嬉しかったです。

202010090285.jpg
山哲水産の山崎さんご夫妻、
お忙しい中、何から何まで大変お世話になりました。
家族に幸せをくださった御恩、しっかりとお返しさせていただきます。
またお会い出来ますその時を楽しみにしております。


ちなみに、天然の車海老についてですが、
干潟を含め広くて浅い海に生息しています。
三河湾や伊勢湾周辺で多く漁獲されています。
愛知県は全国2位の水揚げということもあり
愛知県のシンボルとして『県の魚』に制定されています。
愛知県の主な産地としては西尾市、蒲郡市、南知多町です。
全国で流通しているクルマエビは養殖物が大半ですが、
愛知県では養殖をしていないため、愛知県産のクルマエビはすべて天然物です。
田原市にある愛知県栽培漁業センターでは、稚エビを育てて放流しています。