ブログ

手釣り(てづり)

[海の生き物釣り・Fishing]

202007230252.jpg
和歌山県和歌山市加太(かだ)
釣り好き陶芸家、和田山真央(まーくん)と一緒に
和歌山県知事認定 指導漁業士であり
幸宝丸(こうほうまる)の漁師
幸前禎泰(こうぜんさだひろ)さんの船で釣りに連れて行っていただきました。
幸せが重なる組み合わせ、なんと縁起が良い名前なのでしょう。
※この日の夜の飲み会で、禎泰さんが僕のことを『岡やん、岡やん』呼ぶので、
僕もここからは、『さだやん』と表記させていただきます。

Screenshot_20200723-081727.jpg
今回の場所はザックリこのあたり。

202007230253.jpg
何度見てもかっこいい、背筋がピンと伸びた漁師の背中。

Screenshot_20200723-081739.jpg

20200723_065251.jpg
釣り場に到着。
凪(なぎ)

202007230258.jpg
さだやんが静かに仕掛けをスッと海へ。

202007230260.jpg
黒く日焼けして、引き締まった筋肉が
早朝の海上で動き始めました。

202007230263.jpg
そう。
さだやんは、手釣りの漁師です。

202007230261.jpg
ただただ、自分と糸と魚。
竿は使わない。
魚と人間が直接に繋がる、魚と人間のかけ引きの極み。
それが『手釣り』です。

202007230270.jpg

指先にわずかにでも感じるアタリを
感覚で感じ取るそのいかつい漁師の手の先には、
最先端の技術でも敵わない、人間の五感を超越した能力が備わっています。

20200723_090652.jpg
僕たちも釣りの準備を。

20200723_090646.jpg
さあ、ワクワクするねー。
さだやんの手釣りはどうかなー?

202007230255.jpg
ええええええええ!
いつの間に釣り上げてたんすか!!
しかもマダイ。

202007230265.jpg
しかも、あいた左手では、僕たちが釣りやすいように潮の流れをよんで
船の向きを微調整。
これが漁師だ。

そして、まーくんに早速アタリが!!

マダイGETーーー!! ナイスフィッッっっっシュ!

20200723_102253.jpg
寿司パーティー用にと、すかさず脳締めをするさだやん。

20200723_102324.jpg
そして、神経締め。

MVIeMG_20200723_102333.jpg

20200723_073303.jpg
そして、まーくん 連続ヒット!
こう言う時は、自分の釣りは後回し。(本心だよ!)

20200723_073317.jpg
仲間が釣り上げるシーンを撮影したり、魚が大きければタモを出したり
釣り上げられた魚の撮影をしたりすることも大好きなので、
今日みたいな日は、それに徹するべし!

20200723_073338.jpg
今日の大本命! 加太のアジ!
太くて、デカイ!!!

20200723_085656.jpg
そして、お次はクログチ!!

20200723_102136.jpg
そして、ようやく本命の加太のアジを自分も釣ることができました。
さだやんの即締め対応に感謝です。

20200723_102211.jpg
そして、イサキ!こちらも即締め。

20200723_102222.jpg

20200723_102226.jpg

202007230268.jpg
魚たちの胃袋を開けてみると
今回のベイトは、この小エビや

202007230269.jpg
小イカでした。

ちなみに、BAIT(ベイト)というのは、エサのこと。
ルアー釣りでは、一般的にフィッシュイーターに捕食される対象となる魚(など)を指します。
ベイトフィッシュともいいます。 
ベイトロッドやベイトリールのベイトも『エサ』が由来しています。
生き餌を使うために開発されたからというのが語源のようです。

早朝から船を出してくださったサダヤン。
今夜はこれらの魚も含め、和田山邸で寿司パーティーしましょう!
僕が全ておもてなしして恩返しさせていただきます!
今回はありがとうございました!
そして、スペシャルサンクス、まーくん!