ブログ

養殖ヒラメと天然ヒラメの見分け方

[海の生き物]

PXL_20220611_082526102.PORTRAIT~2.jpg
宮崎県 【養殖未来ラボ】さんの「黄金 -きん-のひらめ」がモデルです。

天然ヒラメと養殖ヒラメの違いは
見た目で簡単にわかる、見分け方があります。

IMG_9050.jpg
こちらが天然のヒラメ(表)

PXL_20220611_082457968.jpg
こちらが養殖ヒラメ(表)

普段、ヒラメに携わっている方でない限り、
パッと見では、なかなか見分けがつきづらいです。
しかし、裏返すと

IMG_1640.jpg
裏側が真っ白なのが天然ヒラメ

PXL_20220611_082642156.jpg
裏側が真っ白ではないのが養殖ヒラメ

IMG_1642.jpg
天然ヒラメは、裏側は尾に向かってもずっと真っ白、

IMG_1641.jpg
ヒレ周辺も真っ白です。


PXL_20220611_082558590.PORTRAIT.jpg
頭を下に向けた時に
目が左側にあるのがヒラメです。
カレイは目が右側にあります。
ヒラメとカレイの違い、見分け方については
こちらのブログからどうぞ。
https://www.sumeshiya.com/blog/2018/06/post-3564.html

PXL_20220611_082613837.PORTRAIT.jpg
養殖ヒラメの体の模様はこんな感じです。

PXL_20220611_082621605.PORTRAIT.jpg
養殖ヒラメの裏側のヒレ周囲

PXL_20220611_083506996.PORTRAIT.jpg
養殖ヒラメのウロコ引き(表)

PXL_20220611_084341738.jpg
表のウロコが全てとれた状態

PXL_20220611_084410634.PORTRAIT.jpg
ウロコを引いた後の皮には、ウロコの模様がそのまま確認できます。

PXL_20220611_084616229.PORTRAIT.jpg
養殖ヒラメのウロコ引き(裏)

PXL_20220611_084931575.PORTRAIT.jpg
1mm未満の薄いウロコを、皮や身を傷つけないように

PXL_20220611_084853286.PORTRAIT.jpg
シコシコと引いていきます。

PXL_20220611_090051532.jpg
裏のウロコが全てとれた状態

PXL_20220611_090103607.PORTRAIT.jpg
ウロコを引いても裏の皮の色はそのままの模様で反映されているのがわかります。

PXL_20220611_090113106.PORTRAIT.jpg
真っ白でないこれが養殖ヒラメの特徴です。

PXL_20220611_091315193.PORTRAIT.jpg
養殖ヒラメの口と歯と舌

PXL_20220611_091710429.PORTRAIT.jpg
養殖ヒラメのエラ

PXL_20220611_091733521.PORTRAIT.jpg
エラには、すだれ状の赤い鰓歯(さいよう)という呼吸をコントロールする部分が、
鰓弓(さいきゅう)という弓の形をした骨の下にあります。
鰓弓(さいきゅう)の上についている白いトゲトゲしたものが鰓耙(さいは)です。

PXL_20220611_090629022.PORTRAIT.jpg
養殖ヒラメの肝臓

PXL_20220611_090818814.PORTRAIT.jpg
養殖ヒラメの内臓

PXL_20220611_091523412.PORTRAIT.jpg
養殖ヒラメの心臓

PXL_20220611_090646122.PORTRAIT.jpg
養殖ヒラメの胆嚢

PXL_20220611_090902617.PORTRAIT.jpg
養殖ヒラメの腸と胃袋

PXL_20220611_092411178.PORTRAIT.jpg
養殖ヒラメの腎臓(薄膜付き)

その膜を剥がして現れるのが

PXL_20220611_092519817.PORTRAIT.jpg
養殖ヒラメの腎臓

PXL_20220611_092540880.PORTRAIT.jpg
この個体はオスだったようで、未熟な精巣があるのがわかります。